Okamura LIfe

はたらくを知る

オカムラでは、全社員が能力を発揮し、
いきいき働ける職場づくりをめざしています。

オカムラでは、様々な属性・価値観・発想をもつ人材が活躍しています。社員それぞれが十分に能力や個性を発揮できるのは、多様性を尊重する職場環境があればこそ。誰もが働きやすさを感じられ、自ら成長できる職場づくりに努めています。

オカムラの雇用状況

社員数は3,326名(うち男性2,798名、女性528名)となっております。

女性従業員比率

女性従業員比率のアイコン

16.9%

オカムラで活躍する女性社員は、年々増加し続けています。

グローバル人材採用

グローバル人材採用のアイコン

7カ国

北米、欧州、アジアの計7カ国の社員が働いています。

平均勤続年数/平均年齢

平均勤続年数/平均年齢のアイコン

18年/ 43.2歳

多くの社員が、長く働ける職場環境でキャリアを築いています。

有給休暇の年間取得日数

有給休暇の年間取得日数のアイコン

10日

健康増進や余暇活動等の充実のため連続有給休暇の取得を促進しています。

※データは2018年3月現在のものです

教育・研修制度

若手社員への早期育成プログラムをはじめ、オカムラでは実践的な教育・研修制度を用意しています。新入社員向けの集合研修では、ビジネスマナーや会社のルール、職種別に必要な知識を学び、工場実習を体験します。配属後も実作業を通して学ぶOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)や、キャリアに応じた研修、通信教育制度などがあります。

教育・研修制度の図

制度利用者の声

神山 里毅の写真

働き方コンサルティング事業部
ワークスタイルソリューション部

神山 里毅

教育奨学規定に基づく国内留学制度を活用し、名古屋商科大学大学院の修士課程に進学しました。学生生活を通じて構築した社外のネットワークは私にとっても会社にとっても大きな財産。社内での組織横断的な活動に役立てたいと考えています。

福利厚生制度

オカムラでは、従業員がそれぞれのライフステージに応じて、ワーフライクバランスのとれた働き方ができるよう、諸制度の充実を図っています。育児や介護、傷病に備えて、休暇・休職や短時間勤務等の支援制度を用意し、有給休暇の取得促進にも取り組んでいます。

 育児支援制度の概要 

福利厚生制度の図

制度利用者の声

松田 理嘉の写真

関西オカムラ 人事総務課

松田 理嘉

長男出産時、そして長女出産時の二度にわたって育児休職を取得。職場復帰後は短時間勤務制度も利用しました。職場の方々の理解により、2人の子どもの育児の時間を確保するとともに、スムーズに仕事復帰することができました。

育児支援制度のアイコン

育児支援制度

従業員の子育て支援のため、最長で子どもが2歳になった月の月末まで、育児支援休職を取得できる制度を導入しています。また、小学校3年生までの子どもがいる場合は、始業後と終業前の各1時間を限度として勤務時間を短縮できる短時間勤務制度を活用できます。また在宅勤務制度もあります。

介護支援制度のアイコン

介護支援制度

従業員の家族の介護支援のため、従業員が通算して1年(法定は3カ月)の間、介護休職を取得できる制度を導入しています。また、始業後と終業前の各1時間を限度として勤務時間を短縮できる短時間勤務制度を活用できます。また在宅勤務制度もあります。

傷病支援制度のアイコン

傷病支援制度

従業員が病後の療養期間中も健康回復に専念できるよう、傷病休暇制度を導入しています。これは、年次有給休暇のうち次年度に繰り越しができなかった日数を、最大20日間まで傷病を事由として利用できるものです。また、復職の際にはリハビリ出社期間を設けており、業務への復帰にともなう負担の軽減に努めています。

健康経営宣言のアイコン

健康経営宣言

従業員の健康を重要な経営課題と捉え、「健康経営宣言」を制定。2018年には経営産業省の健康経営優良法人認定制度により「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。従業員一人ひとりの心身の健康の維持・増進を図るとともに、お客様に健康的な働き方を提案し、社会から信頼される企業を目指します。

Next Contents

これからの働き方を築く

働き方改革

ENTRY

  •  > 
  • はたらくを知る