Okamura Life

はたらくを知る

オカムラでは、全社員が能力を発揮し、
いきいき働ける職場づくりをめざしています。

オカムラでは、さまざまな属性・価値観・発想をもつ人材が活躍しています。社員それぞれが十分に能力や個性を発揮できるのは、多様性を尊重する職場環境があればこそ。誰もが働きやすさを感じられ、自ら成長できる職場づくりに努めています。

オカムラの雇用状況

社員数は3,571名となっています。

女性従業員比率

女性従業員比率のアイコン

18.0%

オカムラで活躍する女性従業員は、年々増加し続けています。

グローバル人材採用

グローバル人材採用のアイコン

7カ国

欧州、アジアの計7カ国の社員が働いています。

平均勤続年数/平均年齢

平均勤続年数/平均年齢のアイコン

16.7年/41.8歳

多くの社員が、長く働ける職場環境でキャリアを築いています。

有給休暇の年間取得日数

有給休暇の年間取得日数のアイコン

12.8日

健康増進や余暇活動等の充実のため連続有給休暇の取得を促進しています。

※データは2020年3月現在のものです

オカムラユニバーシティー(企業内大学)

オカムラでは、さまざまな学び支援を通して、社員の『キャリア自律※1』を促しています。
オカムラユニバーシティとは、オカムラで働く仲間がこれからの将来に向けて、自分のキャリアや未来の設計図を描くために活かしてもらう新しい学びの場としての企業内大学です。変化・複雑化・不確実化への環境適応能力と生産性の高い人財を育成し、オカムラの持続的成長の基盤をつくり、「人が育つ風土をつくる」ことを目指しています。

※1 キャリア自律とは、絶えず変化する環境の中でも主体的に行動を起こしながら自分が納得したキャリアを歩み続けている状態

新入社員一人ひとりにインストラクターが各1名任命され、業務以外でも社会人生活への悩みなどのサポートも制度化。

教育・研修制度の図

はたらくを支える活動

オカムラでは、従業員がそれぞれのライフステージに応じて、ワークライフバランスのとれた働き方ができるよう、諸制度の充実を図っています。育児や介護、傷病に備えて、休暇・休職や短時間勤務等の支援制度を用意し、有給休暇の取得促進にも取り組んでいます。

ダイバーシティ&インクルージョン

社内にて「ダイバーシティ&インクルージョン宣言」を行い、雇用と職場環境の整備に努めています。「多様性の受容」を基本的な考え方とし、さまざまな属性・価値観・発想を持つ人財を積極的に採用。一人ひとりの従業員が働きやすく、十分に能力を発揮できる環境づくりに取り組んでいます。またこの活動は、社会・文化の多様性や環境の変化に柔軟に対応できる企業文化の醸成にもつながっています。男性育休取得も後押ししています。

テレワークの実践

時間の有効活用を目的に、自オフィス以外で働くことができる「テレワーク」を活用しています。育児・介護と仕事を両立する時、天候不良や交通機関の遅延時、健康配慮が必要な時などに有効です。社員が自律的に計画を立て業務に合わせた働き方ができるよう、ルールガイドを作成して利用を促進。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止策としても、在宅勤務をはじめとしたテレワークを現在も実践しつづけています。

技術技能訓練センター

技術技能訓練センターの写真

高品質の製品を支える優れた人財を育成するため、2011年2月に技術技能訓練センターを開設。ものづくりに携わる従業員の教育を行ってきました。受講者は年間約300名。期間中は通常の業務から完全に離れ、集中的に教育を受けます。また技術職だけでなく、営業やデザイナーなどが参加する新入社員向けの集合研修も同センターで実施。職種を問わず、ものづくりにおける考え方や姿勢を学ぶ機会を設けています。

人財育成

人財育成の写真

入社3年目研修にて

「一人前になるための育成期間は、入社3年」と定め、毎年同期が集まってフォローアップを受ける場を設けています。社会人としての基本スキル(ビジネスマナー)からはじまり、仕事で必要な専門スキルをしっかり教えてもらえる研修プログラムとなっています。新入社員には、オンオフ問わず相談しやすいインストラクターもついて安心です。また、「自ら学ぶ」を支援するために2300種類から選べるe-Learningや158コースから選べる通信教育もラインアップしています。

ビジネスカジュアル

ビジネスカジュアルの写真

オカムラは、働き方改革の一貫として柔軟な服装、ビジネスカジュアルを推奨しています。清潔感のある状況に合わせた働きやすい自分らしい服装で仕事に取り組むことにより、柔軟な発想を促し、新たなイノベーション創出を図っています。

スポーツ協賛

スポーツ協賛の写真

© KAWASAKI BRAVE THUNDERS

Bリーグに所属する「川崎ブレイブサンダース」のオフィシャルスポンサーを務めています。2019-20シーズンも社員が試合を観戦できる冠試合を行い、福利厚生の一つになっています。

アワード

アワードの写真

機能性、安全性、そして上質なデザイン性を極めてきたオカムラのものづくりは国内外で高く評価され、16種類646件にものぼる数々の世界的な賞に輝いています。中でも日本で唯一のデザイン賞であるグッドデザイン賞は1962年の初受賞から連続54年継続受賞しており、製品・施設の累計受賞数は計543点と業界ナンバーワンの成績を誇っています。

社員寮

自宅から通勤できない場合、月額1万円で独身寮に入居できます。ベッド、冷蔵庫、洗濯機、空調完備のワンルームマンションです。(※「自宅から勤務地まで2時間以上かかること」など別途入居条件があります)

従業員持株会

従業員が自社の株式を取得・保有し、中長期的に資産形成することを支援する制度です。自社の株を買うことによって、会社経営に対して一体感を持つことにもつながります。

その他支援制度

育児支援制度のアイコン

育児支援制度

従業員の子育て支援のため、最長で子どもが2歳になった月の月末まで育児休職を取得できる制度です。男性の育休取得も積極的に後押ししています。また、小学校3年生までの子どもがいる場合は、始業後と終業前の各1時間を限度として勤務時間を短縮できる短時間勤務制度も活用可能。在宅勤務制度もあります。

介護支援制度のアイコン

介護支援制度

従業員の家族の介護支援のため、従業員が通算して1年(法定は3カ月)の間、介護休職を取得できる制度を導入しています。また、始業後と終業前の各1時間を限度として勤務時間を短縮できる短時間勤務制度を活用できます。また在宅勤務制度もあります。

傷病支援制度のアイコン

傷病支援制度

従業員が病後の療養期間中も健康回復に専念できるよう、傷病休暇制度を導入しています。これは、年次有給休暇のうち次年度に繰り越しができなかった日数を、最大20日間まで傷病を事由として利用できるものです。また、復職の際にはリハビリ出社期間を設けており、業務への復帰にともなう負担の軽減に努めています。

健康経営宣言のアイコン

健康経営宣言

従業員の健康を重要な経営課題と捉え、「健康経営宣言」を制定。2020年には経済産業省の健康経営優良法人認定制度により「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。従業員一人ひとりの心身の健康の維持・増進を図るとともに、お客様に健康的な働き方を提案し、社会から信頼される企業を目指します。

Next Contents

これからの働き方を築く

あなたはどんなideaで常識を超える?

Entry

  •  > 
  • はたらくを知る