Work Style Innovation

働き方改革

「idea」を生み出す
オカムラの働き方

オフィス家具づくりを通して、半世紀以上「働く環境」について考え、研究してきたオカムラが自ら実践する先進的な働き方、働く場を紹介します。ワーカーの置かれる状況が多様になっているいまだからこそ、意味のあるオフィスを、そして成果につながる働き方を。今日もこのオフィスから、新しいideaが生まれています。

オフィスを覗いてみる!

最先端の働き方を支える
プロジェクト

『行動を変える、意識を変える、
そして早く帰る』
働き方カエル!プロジェクト

オカムラの社員が自ら施策を考え実行し、働き方の「ありたい姿」を実現するプロジェクト。2017年4月に発足してから、社員による地道な改善活動や意識改革は大きく広がり、全社的に展開されてきました。行動を変える、意識を変える、会社を変える、そして早く帰る。それにより、オカムラが提唱する「ワークインライフ(Work in Life)=ライフ(人生)にはさまざまな要素があり、その中のひとつとしてワーク(仕事)がある」という考え方をもとにした自分らしい働き方を実現する。そんな社員主導の業務改革が花開き、実を結ぼうとしています。

未来の働く場を研究し、創る
オカムラのソリューション

オカムラが創ってきた、
革新的な「働く場」

  • 「はたらく」を
    デザインしてきた歴史

    はじまりは、1950年。オカムラはスチール家具の受注生産からスタートして以来、まだ在宅ワークという言葉がない時代に「家で働く環境」を作るなど、革新的な働く場やスタイルの提案を通して常に新たな「はたらく」を創造してきました。そのアイデンティティは現在まで脈々と受け継がれています。

    革新的なオフィスづくりの歴史を見る

オカムラが実践する「自分らしい
働き方」への取り組み

  • オカムラが提唱するWork in Life

    「仕事も、家族や友人、趣味、休み、健康、学びなどと同じように、自分の人生の中の一つとして捉えましょう」という考え方です。人生で大切にしたいことは一人ひとり異なり、仕事に対する考え方や姿勢、情熱も人それぞれです。多様なワーカーが自分らしい生き方を創造し、自分らしい働き方を実現できることを目指しています。

    オカムラの考え方を詳しく見る

  • 人財育成のしくみ

    働き方改革の中核となる「人財育成」と「モチベーション向上」のために、面接・面談を通したコミュニケーションの促進や自主的な学びの機会を提供。社員の「キャリア自律」を促し、高い環境適応能力と生産性が身につくことを目指します。

    • ※キャリア自律とは、絶えず変化する環境の中でも主体的に行動を起こしながら自分が納得したキャリアを歩み続けている状態。

    人財育成の活動を詳しく見る

  • 「はたらく」を変えていく活動

    2016年11月にスタートした、これからの「はたらく」を変えていくオカムラ発の活動「WORK MILL」は、共創空間での活動、ウェブサイト運営、働き方にまつわる研究や共創プロジェクトなど幅広く展開してきました。全国4カ所の共創空間を拠点としたコミュニティなどのネットワークを軸に、各地域の課題解決にも積極的に寄与しています。

    WORK MILLについて知る

オカムラが提供する
次世代のオフィス

  • ニューノーマルのワークプレイス

    いま、働く人の置かれる状況は多様になり、仕事の内容も多様化しています。“働く環境”のつくり方に唯一の答えがないこの状況では、一つの場所にこだわらない、一つの行為に限らない、「多様な働き方の実践」がキーポイントになります。オカムラではワーカーの活動をサポートするため、ニューノーマルの働き方を支える空間や商品を展開しています。

    これからのオフィス空間を知る

  • 働き方改革へのソリューション

    オカムラが考えるこれからの働き方のキーワードは、“自律性”と“一体感”。ABWの導入により、ワーカーが自律的に働く場所を選択し、個人でもチームでもイノベーティブな成果を生み出せるような最強の働き方を提案しています。

    • ※ABWとは、「Activity Based Working(アクティビティ・ベースド・ワーキング)」の略。「時間」と「場所」を自由に選択できる働き方のこと。

    オカムラの考える働き方改革を知る

Next Contents

先輩社員が仕事内容や社風を伝えます

あなたはどんなideaで常識を超える?

Entry